Good design is in the nature of things

心地よい風はどんな風に入ってくるだろう?
太陽の光はどんな風に差し込むだろう?
洗濯物はどこに干すだろう?どこに座ってテレビを見るだろう?
毎日どんな風に料理をして、どんな風に家族と食事をするだろう?
ちょっとしたことの大切を伝えたい。そして形にしたい。

収納スペースやキッチン・建具は、機能的でありながら
空間に溶け込むようなデザインを。
ただ無機質な素材を使って安易につくってしまうよりも、
自然素材の持つ素材感や機能性を生かしてつくりたい。
自然の働きでしっかりと断熱する、呼吸し続ける、
やがて経年変化で風合いを増す。
そんな風に素材が本来持っている力のひとつひとつが、
心地良さを形づくる重要な要素になる。
ちょっとしたことの大切さ…。
それが居心地の良い空間をつくることにつながるのです。

素材の性質や機能が持つ必然性から美しい形を導きだす。
それが家吉のデザインです。

木の家

boarder